たかやま&ゲロ2

旅行2日目。
ホテルの居心地がよく、チェックアウトの12時までホテルでダラダラ。
もちろん2度寝上等。

車に乗って、さてどこに行こうかといつもの調子で計画していると、



おおおっ!



結構上高地近いーーー。



よしっ、行こう!



ということになりました。
12時過ぎから上高地、しかも無計画。
後でガッカリな目に合うのも知らずに上高地に向かいました。



オッツは上高地に自転車で行ったことがあるらしく、「釜トンネル」の話を力説していました。
私は昔「オコジョの住む谷」という絵本を読んで、いつか上高地に行ってみたいと思っていました。
ノリノリで上高地に向かい、オッツが力説していた「釜トンネル」に近づいたその時!!!





「上高地マイカー規制」





えええええーーーー!!!!!
強制的に迂回。
上高地に行くにはバスに乗りかえないといけません。
時刻はもう14時過ぎ。。。
私達の旅行はあまりガイドブックに頼らず、自分達の勘に任せて行くことが多く、その分思いがけない楽しさを味わうことが多いのですが、今回は完全に、




無知具合反省。。。




上高地ファンの方に怒られますよね、ハイ。
本当に反省です。。。
甘くみてました、すみません、、、。



失意のどん底に陥り、無言の車内、どこでUターンするー?なんてため息まじりで話をしていたその時!!!
目に飛び込んできたものが!!!






「白骨温泉 4km」






キターーーーー!!!!!!!!!!
go!白骨!!!!!!!!!!!!!!!


白骨温泉、ありがとう。
b0137530_207567.jpg

野天風呂に速攻ダイブ!
b0137530_2073726.jpg


白骨温泉は初めてだったのですが、私の勝手なイメージでは、もっと温泉街っぽいところなのかなと思っていました。
しかしながら、思ったより山の中の秘湯といった感じでとても好きな雰囲気でした。
お湯もよかったし、今度はゆっくり泊まりに来たいと思います。


白骨温泉を後にして、いよいよ今夜の目的地、ゲロ温泉へ。
旅館の方に、ゲロ大橋の下ある野天風呂を紹介されたので、直行。
着替える場所がないと聞いていたので、私はオッツに付いて行きました。
橋を降りると、眼中になんと、





裸族。





お風呂から出たおじさんと正面で目が合った時、頭が2つあると思いました(爆)。
ここはゲロ温泉の噴泉池という場所で、無料で誰でも入れます。
水着着用もOK。
http://www.asahi-net.or.jp/~ue3t-cb/spa/gero_funsenti/gero_funsenti.htm
今まで、このようなワイルドな野天風呂は何度か見てきました。
例えば、北海道の噴上露天の湯は、着替えるところがオープンですが、温泉がだいぶ階段を降りたところにあったので若干隠れていました。
和歌山県の川湯温泉はゲロ温泉の噴泉池と同じく川とフラットなところにあるのですが、一応着替える場所があったし、入っている方ほとんどが水着着用でした。

衝撃的で絶句の私。
そんな私を置いてオッツは噴泉池に直行。
堪能しておりました。。。


オープン過ぎ!ですが、噴泉池は地元の人々から愛されていて、のんびりとゆるやかな時間が流れているのが感じ取れました。
私としては、ゲロ温泉の象徴として、ずっとこれからもみなさんから愛されるといいなと思いました。

夜は、旅館の人がオススメしてくれた居酒屋さんに行こうと思ったのですが、どこもかしこもカード使用不可。
私の所持金30円くらい。。。オッツの所持金も数千円。。。
結局旅館がやってる洋食屋さんへ。


最後まで計画性のない私達でしたが、なかなか面白い旅になりました。
また旅に出たいです。。。今度は夏休みかな。


それではまた、おやすみなさい。
[PR]
by maroQblog | 2008-07-28 20:50 | りょこう(岐阜)


フラフラと移住し続けるまろQの台湾編デス


by maroQblog

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧